移行作業の備忘録

euli-haruna.comで利用中のサーバーの更新が、今月末となりました。
hetemlを利用していましたが、サーバー利用料金が3ヶ月で4,500円とちょっと負担が大きくなってきたのと、先日アップグレードした、WebKeepersのVPSがいろいろ便利な環境になってきたので、移行作業をすることにしました。

最初に苦戦したのはアクセス解析「mogura」。
hetemlで利用していたのは、オリジナルのバージョンのもので、WebKeeersの環境が、PHP5+MySQL5、なのでUTF-8等に対応した「mogura改」を新規で入れることにしました。
しかし、セットアップでつまづき、原因をいろいろ調べてみたら、PEARが必要ということでした。
しかし、サーバーにセットアップされているPEARでは動かなかったので、mogura改のページにあったPEARのZIPをダウンロードして解決。
本番用のエイリアスでアクセスすると、無事動いているようなので、後は今週末あたりにDNSを変更して様子を見てみたいと思います。

さらに、eu-create.netで利用しているチカッパも今月末までなので、一緒に移行作業をしようと思い、自宅Linuxサーバーにテスト環境を作り、まずはテスト環境にて動作確認。

ここでは、XOOPSの移行に若干問題発生。
XOOPSは「EUC-JP」で動いているので、DBの文字セットを「ujis-japanise-ci」に設定し、DBを移行。
DBテーブルをすべて移行するのは無理だったので、2つに分けて段階的に移行。

ファイルもすべて移行して、動作確認。

DBの読み込み等で、文字化けがふらふら
php.iniの設定は変えたくないので、
「レンタルサーバー Webサーバのご利用方法」
http://www.akira.ne.jp/support/start.htm#7
を参考にxoopsを入れたディレクトリにEUC-JPに.htaccessで設定してみた。
でもやっぱり文字化けふらふら…。
ヤフーで検索。
「XOOPSインストール後の文字化け [Archive] - XREA&CORE SUPPORT BOARD」
http://sb.xrea.com/archive/index.php/t-11583.html
を参考に、

/class/database/mysqldatabase.php
236行目付近の$result =& mysql_query($sql, $this->conn); の上に
mysql_query("SET CHARACTER SET ujis", $this->conn);

を追加してみたところ、きちんと表示できましたわーい(嬉しい顔)
念のため、書き込み等をしてみましたが、OKでした。

後は、本番用で表示できればOKです。
2,3日中には本番用テストしてみようと思います。

あぁー、疲れた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック